ピルに毒性というのはウソで効果を減退させる薬に注意

世界中で広く浸透し、女性たちが利用しているピル、女性の身体を守り、健康で生き生きと暮らせるための素晴らしい医薬品であり、諸外国では、女性だけではなく男性の間でも、好意的な捉え方をされている医薬品です。しかし、先進国といわれている我が国においては、ピルに関しては驚くほど消極的で、毒性があるなどといった間違った認識を持つ方も多く、身体に悪いから飲んではダメだという意見も聞かれています。このような誤解や偏見がはびこっているが故に、女性の日常生活の質を格段に向上させることのできる効能を持っているにもかかわらず、浸透せずにいることは、とても残念であり、日本女性は被害者であるといっても過言ではありません。特に低用量ピルは、含まれる女性ホルモンの量も少なく、より副作用の危険がなく、安全に服用できるようになっており、望まない妊娠を確実に回避させることが出来ます。セックスを楽しむのは男女ともに同じなのに、避妊失敗による責めを追うのは、女性だけなのです。大切な自分の身体を、しっかりと守れるようにするためにも、低用量ピルを服用する習慣をつけて、万全の体制に整えておきましょう。またピルには避妊効果だけではなく、毎月訪れる生理周期を安定させたり、経血量を減退させるので、生理痛がなくなり、腰痛、腹痛、骨盤痛、頭痛など、あらゆる痛みから解放させてくれます。生理前に襲われるイライラや感情の起伏も落ちつくようになり、ブルーディを快適に過ごせるようになります。ただ、ピルとの飲み合わせによって、互いの薬の効能を減退させてしまう医薬品やサプリメントがあるので、普段飲んでいるものがある場合にはきちんと医師に確認しておきましょう。

ピルについての関連記事