人気のピルを服用する事の影響とは

ピルは、それぞれの人によって服用する目的が異なります。

避妊を目的にする人、将来妊娠しやすくするために子宮を休ませたいと考える人、生理痛が酷く改善するために服用する人、それぞれ目的が異なります。

元々アメリカで人気があり、服用する事は当たり前になっていましたが、最近になって日本でも低用量ピルが服用されるようになり、昔に比べるとピルを服用する事に対するハードルは低くなっており、生理痛で婦人科で診察すると、ピルの処方を提案される事もあります。

避妊を目的にするという事は一般的によく知られている事ですが、生理痛の改善の為に服用するという事はあまり知られていません。

生理痛は日常生活に支障が出る人もいる程で、痛み止めを飲むのが主流でしたが痛み止めは強いものもあり胃にはあまり良く無いものもあります。ピルを飲む事で軽減されるので痛み止めを飲む必要が無くなります。

では、そもそもなぜ避妊する事につながるのでしょうか。

簡単に言うとピルを服用するとホルモン量をコントロールし排卵を起こさないようにする事で避妊に繋がります。

次に生理痛の改善ですが、どのような影響により軽減できるのでしょうか。

こちらも簡単に説明すると、ホルモンの働きによって子宮内膜の増殖を抑える事ができるためです。

どちらもホルモンの働きに影響を与えるものです。人によっては生理前の不快感(pms)がある方もいらっしゃいますが、それも軽減されますし、ニキビなども改善されます。

昔ながらの人はピルというとマイナスなイメージがある人もいますが、服用する事で上記のように良い事がたくさんあります。

その事から徐々にピルのメリットについて多くの人に知られるようになっています。

ピルについての関連記事