子宮内膜の癒着の治療にピルが認められ日本でも製造

ピルは、世界中の女性たちの間で、素晴らしい医薬品として浸透していますが、我が国においては、まだまだそういった意識は低く、ピルに関しては発展途上国といわざるを得ません。日本では、かなり最近まで、ホルモン量の多い中用量タイプが処方されており、副作用がきつく、身体の不具合に耐えきれずに服用を断念せざるを得ない女性がほとんどでした。しかし今では、低用量タイプが主流となっていて、副作用のリスクがほとんどなく、安心して服用できるようになっているのです。低用量ピルは、女性が自らの意思だけで、望まない妊娠を回避させることのできる素晴らしい医薬品ですが、この他にも様々な効能が認められており、女性の日常生活の質を格段に向上させることが出来るのです。女性とは切り離すことのできない毎月の生理を、軽くさせることのできる作用があるので、子宮内膜の癒着による大量の出血、及び生理痛を軽減させ、生理期間であっても楽に過ごせるようになります。こういったことが婦人科学会でも認められるようになり、日本国内の製薬会社も、製造、販売に至っているようです。女性の社会進出がどんどん加速している現代において、日本経済にも女性の力は絶対不可欠です。予期せぬ妊娠や、重い生理痛によって、その大切な力を生かせないのは、日本社会に取っても大きな損失でしょう。低用量ピルを服用する習慣をつけることで、避妊の失敗をなくし、自身の生理をしっかりとコントロールできるようになります。生理不順も改善されるので、将来の不妊を予防し、身体を健康状態に整えていくことも出来るのです。また低用量ピルは、ホルモンバランスを整える働きがあることから、更年期障害の治療にも用いられることがあるようです。

ピルについての関連記事